miusow’s diary / ロマン主義アニメ研究会

アニメに関する考察・・・というより、アニメ等を契機に私が思考した事柄を中心に、私の個人的な雑記等も書き記しております。

C91ごちうさ同人感想(2)成人向け

  このたび心に残った作品の列挙(基本的にココチノ、チマメばかりです)、成人向け編です。

 私は基本的にあまり成人向けを、特にごちうさでは、あまり好まない傾向がありますので、他にも優れた作品はたくさんあるはずです。

 

 

■あめうさぎ『甘やかにとろけて』(R18)

 

 可愛くて、優しい。裏表紙に描かれている、ラッピングされてしまっているココチノが可愛い、愛おしい。

 

 この方の作品は、絵が繊細でふんわりしていて、セリフなども細かく、エロい展開でも、なんというか、ネチネチしてない。チノちゃんが可愛い。ココアさんが、今にも良い匂いがしてきそう。

 

 エッチなのに、優しくて可愛い。これは、成年向けごちうさ本がたくさんある中で、大変貴重であると思う。優しくて可愛いというところが抜け落ちると、(少なくとも私にとっては)『ごちうさ』じゃなくなる(別の独立した作品として楽しめる、というものもあるとは思いますが)。成年向けごちうさ本は、だから、私は、基本的に避ける傾向にあるけれども、「あめうさぎ」さんの作品は、受け入れられる・・・どころか、むしろ、もっと読みたいと思います。

 

 おまけの年賀状チノちゃん可愛い。

 

 

■鯰の生け簀『Down The Rabbit-Hole』(R18, 男の娘)

 

 ココア君本。これはひどいと思って見てみたら(・・・実際ひどいわけですが、しかしそれにもかかわらず)、なかなかどうして、けっこういい話でした。(万人に勧められるわけではありませんが。)

 本編とはもちろん切り離して読むべきものでありながら、なんというか逆説的に、『ごちうさ』のある側面に光を当てているような気も・・・します。(ですが、やはり万人に勧められるわけではありません、繰り返しになりますが。作者の方もことわっておられるように。)