ロマン主義アニメ研究会

アニメに関する考察・・・というより、アニメ等を契機に私が思考した事柄、随想的なものを載せています。またここは評論・随想サークル「ロマン主義アニメ研究会」のHPでもあり、たまに告知等も載せます。

C91ごちうさ同人感想(1)全年齢

  このたび心に残った作品を、ほんの一例ですが、以下に列挙します。(基本的にココチノ、チマメばかりです。)

  

■さくらパレット『夢でもいっしょ!』

 

 キャンプでのココアさんの写真を見るチノちゃん。「キャンプ楽しかったな〜」とあり、そうです、チノちゃんは独り言の時は、だいたい丁寧語じゃないのです。細かいです。

 

 中盤、チノちゃんは、「ココアさんの夢なんか見たくないです」とツンと言ってしまう。そしたらココアさんは、意外と「そうだよね、勘違いだよね・・・」と言う。──確かに、ココアさんは、元気全開、打たれ強い人かと思えば、そうでもない。ココアさんはココアさんで、チノちゃんにどう思われているかな、と、実はいつも気にしている。ココチノ喧嘩シーンを思い出します。ココアさんは、時々、拗ねたりするのです。

 

 で、立ち去ろうとするココアさんを、後ろからギュッとつかんで、抱きつくチノちゃん。・・・これがもう、たまらない。この方の作品では、チノちゃんがココアさんの服の裾をギュッとつかむという場面が多いように思うが、それが良い。ココアさんの裾をギュッとつかむチノちゃん。きゃわわわわ・・・・キュンキュン。

 

 

 

■まっさら『ぷれみあむココアデイズ』

 

 すごく良い話でした。ココアさんが小さくなって、チノちゃんがお姉さんになってみる、というような話。ミニココア(幼少期ココアちゃん)が、ラビットハウスに来たらどうなるか、という設定。

 とにかく、ミニココアがかわいい。それから、お姉ちゃんをしているチノちゃんが新鮮でかわいい。

 

 また、イラスト集『KAWAUSA!!』も、表紙のチマメがかわいかったです。ポポロンパーカー。その他、全部かわいい。チノちゃんの表情が良い。

 

 

■EARTH RISER(あーすらいざー)『きんいろトロイメライ

 この方の作品は、ごちうさへの愛を感じる。本編にあってもおかしくない話が多い。

 

 

■きよシコの夜『ご注文はぱっつんですか?』

 かわいい。ぱっつんチノちゃんもかわいいけど、前髪をちょこんと結んだチノちゃんが本当にかわいい。おでこ。かわいい。

 後半は、童話をテーマにしたごちうさキャラのイラスト集。赤ずきんで、マヤが赤ずきん、メグが狼になっているところが良いですね。

 

 

 

■Fluffy×Fluffy『Fluffy×Fluffy vol.5』

 イラスト集。チマメがとにかく可愛い。

 メグ誕生日用のメグメグ丸が、かわいすぎる。

 ブランケット用のココチノ絵もいい。

 

 

■@ism『petit-lapin

 イラスト集。チマメ愛がある。表紙で、チマメ三人が魔法少女化。

 フルール衣装のメグが素晴らしい。本編でも、私は大喜びで見ておりました。よすぎる。

 コメントにもあるように、バレエ衣装チマメもよすぎますね。

 

 

■こねこぼたん『箱の中の子猫は』

 

 チノちゃんが、ココアさんに、嫌われているのではないか、と、いろいろ暗く考えているところへ、ココアさんがやってきて・・・というところは私の『ごちうさ』観と合致し、共感できた。

 

 ただ、この方の作品の傾向でもあるが、チノちゃんが、ココアさんの匂いハアハアというところからスタートする。確かに本編でも「安心する匂い、まだかな・・・」と言ったり、「匂い」的な要素はあります。だけれども・・・。

 

 とはいえ、前作『シュレディンガーのココアさん』の不安な終わり方に対して、続編であるこの作品では、読者としては安心できたのでよかったと思えた。ただ、千夜シャロが今度は心配になる。どこか不安定さを残す傾向がある、この方の作品は。

 

 確かに、『ごちうさ』においては一般に、優しく可愛い世界が強調されるために、不思議さ、不安、といったような側面は見過ごされがちであるけれども、じっさいには、間違いなく後者が常に根底にある。そういう側面が描かれているとは言える。

 

 

 

■みずいろチュートリアル『Marry Me?』

 ココチノ結婚ものは意外と、あまりないのではないか。