読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miusow’s diary / ロマン主義アニメ研究会

アニメに関する考察・・・というより、アニメ等を契機に私が思考した事柄を中心に、私の個人的な雑記等も書き記しております。

『ごちうさ』5巻&キャラソンシリーズ1〜3を買った日

ごちうさ

 

8/27は、ちょっとしたごちうさ祭りの日でしたね。

アニメイトで、うちわ無料配布、及び、新刊とキャラソン同時購入でポスターの特典。

また、各書店で、新刊(5巻)の店舗限定特典。

 

うちわと、ポスター、当然ながら無事、手に入れました。

Koi先生イラストのポスターは、本当に価値がある。すごく細かく美しく描かれているから、ポスターサイズぐらいで見ないと、むしろ、十分に楽しめないんじゃないかとすら思います。画集ももちろん素晴らしいですが。

 

普通にお金を出して買ってもいいと思うくらい価値があるので、それが特典でもらえるわけですから、もらわないわけにはいきません。

 

本当に、キャラクターが生きているような、いや、違う、生きているんですよね。木組みの街にいるんですよ。知ってます。それに、髪の毛の毛先まで、ふわりと動きがあって。あと、光。すごくキラキラとして、楽しい。

 

 

うちわは、コミケで配布されたもの、ただし裏面は別の作品になります、とHPにはありました。コミケでは、ユニバーサルブースでもらえたようですが、私は事前通販で買ったので、ブースにはいきませんでした。でも、このうちわは、アニメイトで手に入れられました。・・・ただ、裏面が別の作品?というのが引っかかってましたが、むしろ自分的にはラッキーで、「ゆゆ式」でした。とにかくゆゆ式のグッズというものがそもそもすごく少ないので、こういうものは貴重です。

 

開店直後のアニメイトは、ちょっとしたイベント会場みたいになってましたね。何か他の作品の一番くじ?等、色々重なったこともあって、その中に紛れて、ちらほらごちうさ目当ての人たちが必死でうちわを探し、それが見つかれば、やはり今度は同じ行動をとるもので、みんなごちうさ5巻を探して・・・というような感じでした。

 

CDに関しては予約しておいたので、スムーズに特典ポスターももらえました。アニメイトの人はいつもすごく低姿勢で丁寧なんですが、とにかく、ポスターを用意しますのでお待ちください、とせかせかしていて、本当に、私はまったく急いでませんので、どうかゆっくり、丁寧にポスターを巻いてください、と言いたいところでした(まあ、こっちが急いでなくても向こうは忙しいんだよ、っていう感じかもしれませんが)。

 

 

それで、戦いはここで終わりません。アニメイトをあとにして、早速メロンブックスへ向かいます。

メロンブックスでは、クリアファイルがもらえるのです。

 

(こういう業界のことあまり知らないんですけど、描き下ろしクリアファイル、っていうのは、本当にこの為に、メロンブックスの為に、Koi先生が描いたっていうことなんでしょうかね。それとも、何か別の為に絵を用意する必要があって、たまたまクリアファイルという形で先行的に公開した、という意味なんでしょうか。・・・というのもですね、これもまた余計なお世話だとは思うんですけど、ごちうさ関連を追いかけていると、「Koi先生描き下ろしの・・・」というのが多すぎて、一体、それほどの仕事の量をどうやってこなしているのだろう、身体とか、健康は大丈夫なのだろうか、先生に何かあれば、特典クリアファイルがどうこう以前に、ごちうさ自体が終わってしまう、と心配になります。しかもどの絵も、精魂込められていると感じられるといいますか、とにかく丁寧で、ずっと見ていても飽きないようなものばかりです。・・・もちろん私は素人なので、一枚の絵を描くのにどれくらい時間がかかるかとかは、具体的にはよくわからないのですけれども。)

 

 

ともかく、このクリアファイルが素晴らしい。メンバーが全員いますが、

たぶん『ごちうさブレンド』の「一匙のお姫様物語(あいすくりーむふぁんたじあ)」がイメージされている絵だと思います。

お姫様っぽい衣装で、髪には「Q-Pot」的なアイスクリームのアクセサリーをつけて、手には大きなスプーンを持っています(まさに一匙プリンセス)。みんなで学校の帰りにでもアイスクリームを食べに行ったとき、みんなの頭に浮かんだ幸せなイメージ、といったところでしょうか。あるいはそんな今日のことを思い出しながら眠った夜の、彼女たちの夢の中の光景かもしれません。