ロマン主義アニメ研究会

当サークルのブログ(兼、主の完全に個人的な雑記帳)にようこそ🌟「ごちうさ論」しりーず新刊&既刊,書店様委託販売中です🐰よろしくお願いします♪♪♪(※なお当ブログの記事は全て「ネタバレ注意」となっております)

プリパラ

プリパラのレオナ

『プリパラ』で、私が好きなのはレオナくん。 他のみんなも、そもそも『プリパラ』という作品や世界そのものも含めて、もちろん全てが好き。だけれども、やっぱり、何と言ってもレオナくんが大好き。レオナがいなければ、ここまではこの作品にハマっていない…

『プリチャン』、アイドル「脱-魔術化」のぱらどっくす ──「魔法より素敵なライブがはじまるよ」?

『キラッとプリチャン』のアニメ・筐体ゲームで少し遊んだ今の時点で思うことです。 やっぱり何と言っても「ライブ」の部分は、「そうそう、こういうのが見たくて見たの」と思わされるような、キラキラ感がありました。 けれども、かえってその分、「ライブ…

実は自分はアイドルだったのだ(妄想)ーー『プリパラ公式ファンブック』を読んで

◆ おしゃれ小学生に生まれ変われたい!! この『ファンブック』を見ていると、小学生向けのリアル服のブランドが載ってたりして、リアルな「コーデ」の事例が載っていたりもする。 なるほど。小学生くらいの女の子が、いろいろ背伸びしてみたい、おしゃれし…

プリパラとの出会い(続き・後半)──多幸感、絶頂、恍惚、そして失神

圧倒的なキラキラ感。装飾に継ぐ装飾。色、光、音が過剰な演出。ドキドキ、トキメキ、そしてさらにそれを通り越して、失神しそうになる。 ◆ほほえまシーン、トボけた調子のトリップ感 「プリパラ」アニメには、まず、既に記した通り、ストーリーの上でのトリ…

あじみちゃんに見るプリパラの偉大さ──他者とトモダチ

今日は黄木あじみちゃんのお誕生日だということなので(いま、ふと書きたいことがでてきましたので)、あじみちゃんについて。 また、あじみ先生にその栄光が如実に現れているところの、プリパラの「偉大さ」について。*1 安易に流されないアイドルたち :み…

プリパラとの出会い(前半)

なんで今まで『プリパラ』アニメ、見てなかったんだろう。本当に後悔しかない。 これほど自分の求めているもの、自分の好みに、どハマリ・どマッチングしているものは、滅多にない。 (今、アニメの第1シーズンの、真ん中くらいまで見ています。この段階です…