ロマン主義アニメ研究会

アニメに関する考察・・・というより、アニメ等を契機に私が思考した事柄、随想的なものを載せています。またここは評論・随想サークル「ロマン主義アニメ研究会」のHPでもあり、たまに告知等も載せます。

アニメ

「教訓」はいらない:ヴィトゲンシュタインの映画、平沢唯のおやつ

なんのオチもないとか、さらには何もここから教訓を引き出せない、などと、アニメなどの娯楽作品に不平を言う人が時々いるが、そういう人は、一休さんのとんち問答とか、悪いおばあさんが懲らしめられる昔話とか、何かそういうものを本来のアニメとしてイメ…

萌えアニメの「壁」:『ごちうさ』、『うらら』、『ひなこのーと』

アニメ、特に一般に萌えアニメと言われているものが、基本的に、はっきり言えば、私は好きなんですけれども、ただどのそういうアニメも、たいてい、最初の方は、「ちょっとこれは無理だ」と思ってしまいます。 だけれども、しばらく見ているうちに、その「壁…

ステラのまほう第10話:反復・取り戻し

ステラのまほう、第10話 この回のいいところは、結局、せっかく先輩は学校に来たというのに、部長には会っていないということ。それにもかかわらず、結局、先輩の気持ちが、部長に伝わっているということ。 それは間接的に、たまちゃんを通じて、なされて…

アニソンでいいやという気持ち:『ステラのまほう』「ヨナカジカル」を聴いて

アニソンでいいや 「ヨナカジカル」。サントラ収録で、サントラ未発売だから、配信で買ってしまいました。そうまでするくらい、この曲は気に入った。 もともとこういう電子音楽みたいなものは好きな傾向がありましたが。 『ステラのまほう』のEDテーマです。…