ロマン主義アニメ研究会

アニメに関する考察・・・というより、アニメ等を契機に私が思考した事柄、随想的なものを載せています。またここは評論・随想サークル「ロマン主義アニメ研究会」のHPでもあり、たまに告知等も載せます。

ごちうさ音楽

リゼ曲の魅力:本気のグーパンが気持ち良いときもある(?)

チマメ大好き人間の私ですが、今回は、リゼ曲(キャラソン等。天々座理世、種田梨沙さんの歌う)の良さをお話ししたいと思います。いつも助けられているからです。 ◆ ちょっと元気のないときとかにリゼの曲を聴くと、本当に元気が出る。 リゼの、芯があって…

日常、非日常:ライブ「Chimame March」(東京公演)感想

ライブから帰ってきて、思いつくままにメモいたします。(忘れないうちにとりあえず、です。ほかにももっと大事な、言及すべきことがあったと思うのですが、こういうライブみたいな体験というのは、一度にどっとやってくるので、とても印象深かったことでも…

「ときめきポポロン」の感動:ごちうさステージ@AJ2017での体験から

「アニメジャパン2017」で、ごちうさステージを観覧してまいりました。 ◆ 今回、私の時間の見通しがいろいろ甘かったせいで、ステージ観覧に遅れて入ってしまいました。 すると、いのりさんが、遅れて入ってきたチノちゃんがすごく気になるんだけど、と仰り…

チマメ隊が「示す」世界:ごちうさ・チマメ隊AL『chimame march』感想(3)「みえるよみえる」

『chimame march』収録のチノ・メグ曲、「みえるよ みえる」。 みえないものが みえるよみえる 急いでいたら知らない世界 おとなの落とし物なのかもね みえてるものは ちがってみえる 雲のかたちがゆっくり変わり 美味しそう あれは…クロワッサン! 自然と涙…

「チマメ隊」とは何かを考える。「チノ・マヤ・メグ」との違い:ごちうさ・チマメ隊AL『chimame march』感想(2)

チマメ隊アルバム『chimame march』収録の、デュエット曲について。 従来は「チマメ曲」か、「単独曲」か、しかなかったところに、「チマメ内でのデュエット」という新たな試みがなされている。 チマメ隊というものを考える上で、新たな視点を与えてくれてい…

チマメマーチ:ごちうさ・チマメ隊AL『chimame march』感想(1)

チマメ隊アルバム『chimame march』。 これもようやく、じっくり歌詞カード見ながら聴く、ということができました。 ◆装丁 まずKoi先生描き下ろし紙ケース、そして、同じ絵柄の一部店舗の特典でもらえるポスター。これが素晴らしい。Koi先生原作カラー絵は非…

ごちうさキャラソンシリーズ(2016)感想

■ココア盤 ──「きらきら印を見つけたら」 「「街の国際〜」から離れて下さい」と突っ込まれた、ココアちゃんの「夢」に関する歌。 ココアちゃんという子の、ふわふわとした、そして前向きな感じが、すごくよく表されています。 未来のことを歌っていたと思っ…