読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miusow’s diary / ロマン主義アニメ研究会

アニメに関する考察・・・というより、アニメ等を契機に私が思考した事柄を中心に、私の個人的な雑記等も書き記しております。

化粧から垣間見る世界の半分:『ハチクロ』山田さんを思い出して

ハチミツとクローバー コスプレ

化粧をする。だけれどもそれは、1日、半日、数時間で落としてしまう。

 

数時間後にはすっかり消してしまわなければならない絵を、毎日のように描く。これが、化粧をして生きるという事である。

[今日はアイラインがうまく引けた!とかって思っても、その成功を保存しておいてまた使う、という事はできない。もちろん技術としては蓄積されるかもしれないが、肌の状態やその他の条件で、最適なメイクは変わっていくだろう。いずれにしても「全く同じ」メイクは、二度と再現できない。]

 

従来、一般に女性がする事、とされてきた事柄というのは、こういう事が多いような気がする。──断っておくと、女性の役割とはこうだとか、そういう事を言いたいわけでは全くないし、そこにある様々な問題を無視したいわけではない。ただ事実として(一昔前までの事に過ぎないかもしれないが、いずれにしてもある時期まで)、女性はある一定の活動をする傾向が多かったかもしれず、その要因はいろいろあり、そこには問題があるかもしれないが、ともかく事実としてはそうだったかもしれない、そしてそれに対応して、ある種の生き方や人生観、または文化のようなものが生み出されてきたのではないか、ということを言いたいだけである。

 

母親がよく言っていた言葉を思い出す。洗っても洗っても、また汚いお皿が増える。やってもまた元に戻る事の繰り返しだ。──家事というのは、確かにそういう営みだ。料理というのも、そのようなところがある。食べたらあっという間に消えてしまう。もちろんだからと言って、無意味ではない。すぐ消えてしまうはかないものだが、無意味ではないものが、この世にはたくさんある。

 

なんというか、そういうことに多く従事するという事は、人生観や生き方、あるいは文化のようなものに、大きな影響を与えるだろうと思う。一つ一つ崩れないレンガのようなものを積み上げていって、何か巨大な「体系」=「大伽藍」のようなものを構築しようとする、それを生涯の仕事にする、というような生き方とは全く違う人生観、文化が、そこにはあるだろうと思う。どちらの生き方が優れているとかいないとかを言いたいわけではない。むしろ、どちらかといえば、「大伽藍」方式の生き方で見落とされてきた大切なものも多いんじゃないかと思う。

 

 

ハチクロ』の「山田さん」の事を思い出す。

みんなで花火に行くという事で、山田さんという女の子は、友達(はぐちゃん)と、親戚のおばさんのところに浴衣を借りに行く。こういう柄がいいんじゃないかとか、こういう着方をしたほうがいいとか、こんな髪型にしようとか、何時間もかけて、あれこれ悩んで、考えて、工夫して、浴衣を着る。そしてようやく夕方になって、仲間たちと、花火大会に行く。

そこへ、真山という男が、仕事か何かで、少し遅れて、花火大会にやってくる。山田さんは、真山の事が好きで、それは片思いである。到着した真山は、山田さんを見て、ほんの一言、こういう。「山田 ユカタ似合うな」と。──真山としては、どれくらい深い意味でこう言っているかわからない。軽い挨拶のようなことで言っているだけかもしれない。山田さんの気持ちを知っているから、気を遣って言っているのかもしれないし、恋愛感情ではなく山田さんの事は大切だと別の場面で彼は言っているので、そういう気持ちの表現かもしれない。どういう心理がそこにあるのかわからないが、ともかく、一言、到着後の挨拶のように、真山はそう言う。そして、山田さんの浴衣について、真山はそれ以上、特に何も話さない。花火を見上げているばかりである。

 

そして山田さんは、心の中で、こう言う。

 

「そのたったひと言がききたくて/ 髪を結って キモノを選んで 大さわぎして着付けして 慣れない下駄を履いて ………」

羽海野チカハチミツとクローバー』4巻, 集英社, 2003, 74頁.)

 

浴衣を選んで、あれこれ悩んで、髪型を考えて・・・、あれもこれも、すべて、この一言のため、たったこの一言のためなんだ、と。

 

 

ここから読み取れることがある。(この作品自体の趣旨、意図とは少し外れるかもしれないが。)

 

真山は、山田さんが、あれこれ悩んで、着付けをしてもらって、(直接見えない)下着はこういうのにしたほうがいいとか、そういう細かい工夫、努力、思案の事を、ほぼ何も知らない。知る事はない。そして、今後もおそらく永久に知らないままだろう。

 

もちろん真山だって、何も知らないわけじゃないだろうが、どういう詳細な努力があったかは、やはり知らないままである。

 

とはいえ、もちろん、山田さんも、真山に、こういう努力の詳細を知ってほしいわけじゃない。むしろ逆に、知って欲しくないだろう。あたかもナチュラルに、そこに、その可愛い姿で、初めから存在していたかのように、見てほしいだろうと思う。

 

ただ、ここに決定的なズレがある。男と女との間にあるズレ、大げさに言えば、世界の半分がすっぽり見えていないというような事態が、ここにある。

 

 

ごちうさ寝そべりぬいぐるみ

ごちうさグッズ

ごちうさ寝そべりぬいぐるみ。

 f:id:miusow:20170211212508p:plain

かわいいです。

結局、ぜんぶ揃ってしまいました。

 

いろいろ遊べます、楽しいです。

 

けっこうよくできてます。

ごちうさグッズならなんでもというようなひいき目もあるかもしれませんが、それにしても)

 

 

シャロちゃんだけ、ちょっと違和感があるかな。おかっぱ風になってしまっている。

くせっ毛の表現が難しかったのでしょう。 

f:id:miusow:20170211212540p:plain

 

 

 

 

 

ポポロンパーカー高校生組の構図。

リゼが押しつぶされそうになってます。 

f:id:miusow:20170211212601p:plain

 

 

三姉妹。ジャケット絵でもこういう組み合わせがありました。

f:id:miusow:20170211212632p:plain

 

 

 

モカさん「この子たちも、私へのプレゼントかな?」

f:id:miusow:20170211212653p:plain

 

 

 

モカさんにもふもふされるリゼ。「や、やめろ~~」

f:id:miusow:20170211212712p:plain

 

 

 

ココアさんの髪飾り、花びらが半分なのが正式なのではないかとも思いますけど、いいんです。メグメグまるのリボンも、本当はシュシュではないだろうか、とも思うけど、そういう細かいところはいいのです。(今日はちょっと違うおしゃれをしているのです。)

  

よいです、かわいいです。

テレビの横とか、そんなようなところに、コロコロと積み重ねておいておきたいですね。

 

 

 

小さい「ことり」の良さ

ラブライブ!

私は去年から『ラブライブ!』シリーズを楽しみ始めたので、未だにいろいろなことが新鮮です。

最近は、「小さいことり」を集めることが趣味になっています。 

f:id:miusow:20170211220239p:plain

 

ねんどろいどぷち」とかのやつですね。中古グッズ店などで、比較的安価に手に入ります。見つけたとき、買っています。(こういうものはマーケットプレイスは高い傾向がある。)

 

 

 

 

「小さいことり」の、かわいいこと。

 

もちろん、ただでさえことりちゃんはかわいいです。

普通のサイズのフィギュアも、素晴らしいです。少し小さくなって、「ねんどろいど」もやっぱり素晴らしいです。

 

ただ、ホコリとかが気になって、やはりケースの中に入れてしまいます。

そこで、もうちょっと身近にことりを・・・と考えて、これらのものに手を出すことになりました。

 

そしたら、これが、本当に良いのでした。

f:id:miusow:20170211220315p:plain

 

 

 

小さくなって、ことりちゃんの可愛さが凝縮されている感じなんでしょうかね。可愛さの濃度というか、密度というか、それがすごい。

これ、本当にいいですよ。 

f:id:miusow:20170211220355p:plain

 

 

ねんどろいどぷち」シリーズは、小さいのによくできているなあ、と元々、(ほかの作品のものなどでも)感心していましたが、とりわけ「ことり」のこれは、特にいいのではないかと思います。

 

f:id:miusow:20170211220438p:plain

 

もともと割とスラリとしたことりがこうやって小さくなることで、

可愛さが凝縮されて、まさに「ことり」っていう感じがして、「手乗り感」が出るというか。

 

 

 

 

チノ(バニー衣装)フィギュア

ごちうさグッズ ごちうさフィギュア

バニー衣装チノのフィギュアが、先日届きました。

  

開けてみると、なんという偶然。たまたま別で注文していたコーヒー豆と一緒にやってきたではないか。

他の食品と同梱だとナンですが、コーヒーの香りならむしろ大歓迎です。 

f:id:miusow:20170211213127p:plain

 

 

 バニー衣装でなくてもいい、とは思ったけれども、今のところ、ココア・チノでセットで飾れるちゃんとしたフィギュアがこれしかないのです。

f:id:miusow:20170211213204p:plain

f:id:miusow:20170211213327p:plain

f:id:miusow:20170211213310p:plain

 

 

  

 ラビットハウス制服のものがあれば一番いいんだけど、意外とない(チノのプライズ品だけ)。ロングスカートであったり、何というか、いかにも「美少女フィギュア」という感じのメリハリ、お色気要素が足りないからでしょうか。何れにしても、本当はそれが欲しいです。

 

 ココアのラビットハウス版が出るとか出ないとかという情報を聞きましたので、楽しみです。

 

 とは言え、ともかくこのフィギュアは、やはり可愛いです。特にお顔が可愛い。表情が、イメージにかなりぴったりくる。これは従来のものと比べても、特にいい気がする。既にチノちゃんのフィギュアは幾つかありますが、表情が難しいのだろうな、と感じておりました。無表情だからと言って、仏頂面になってはならず、というあたりが。このフィギュアは、特に表情・お顔が、チノちゃんをそのまま立体化した感じがする。

f:id:miusow:20170211213435p:plain

 

 ココアさんと並べられる時が楽しみです。(ココアさん用に、飾る場所のスペースをすでに空けてあります。)

 

 

双葉杏の「世界観」:「スローライフ・ファンタジー」を聞いて

シンデレラガールズ

シンデレラガールズのCD『BEYOND THE STARLIGHT』。

タイトル曲はもちろん良いけれど、それに収録されている双葉杏の新曲「スローライフ・ファンタジー」が、いろいろ考えさせれるものだった。

 

◆中毒性がある組み合わせ、あんきら

スローライフ・ファンタジー」は、解釈はいろいろあるだろうけれども、「ハッピーの魔法 それはキャンディだって」のあたりからして、杏きらりのことだろうと思った。

 (「魔法」というあたりから、プロデューサーという見方もできるが、「ハッピー」はきらり用語ではなかろうか。)

 

この「杏・きらり」の二人の組み合わせは、なんというか、中毒性がある。──一人一人の魅力もあるけれど、特にこの組み合わせが魅力的に感じる。

(食べ物とかでも中毒性があるものって、甘じょっぱいとか、サクッとしてふわっとしているとか、そういう微妙な組み合わせのものが多いけど、それに似ているのかもしれない。) 

 

 

◆杏の世界観

注目したいのは、次の歌詞。

 

「地球は回り続ける/ ハムスターの回し車/ 走りたければ走ろう/ 全部 おもちゃだ」

 

これは、現実の世界の動きというものは、しょせんはおもちゃである、そのような感覚で生きていっていい、というようなことだろうと思う。

 

ハムスターが回し車をぐるぐるすること、これは生物学的に(因果論的に)いろいろ説明ができるだろう。あるいは目的論的に、納得のいく説明をつけることもできるだろうし、いつの間にかそういうものを探してしまうという性向が我々にはあるだろう。

 

だけれども、根本的に、やはりそれは無意味なものだ。

ハムスターは、気まぐれに、走りたくなったら走っているだけだ。

特段の原因も、はっきりした目的も、ないだろう。そのほうが、自然に思える。

 

そして世界の全体もそうだ、ということである。

要するにここで披露されているのは、杏の「世界観」である。

 

 

◆「ファンタジー」という言葉の意味

タイトルに「ファンタジー」とあるけれども、ここで現実とファンタジーとを対立的なものとして捉えてはならない。

現実に対抗するものとして「ファンタジー」という言葉が使われているのではない。

 

むしろ、所詮、現実もファンタジーのようなものである、だから、気楽に、面白半分にやればいい、またやってよい、というようなことではないかと思う。

 

「全部 おもちゃ」なのだから。

「おもちゃ」とは、遊び(遊戯、戯れ)のことであって、遊びとは、一切の目的を離れた自由な運動である。

 

 

ここで興味深いのは、こうした「目的」というものを「放棄する」(「ホウリナゲ」る)ような世界観というのは、アイドルアニメ、特にそのスポ根的側面と相容れない、ということである。むしろこれは、日常系作品の世界観に近い。

 

「楽し」いこと、「君がい」ること、「君と一緒に」いること、これらのことが、何らかの「目的」の達成よりも、重視されているのである。

 

(少なくともこの歌に関してはそうである。・・・もっとも、アイドル作品としての本作全体における位置付けとしては、杏というキャラクターもまた、目的ヘ向けて精一杯走るというような、アイドル作品的世界観に回収されていくのかもしれないが。)

 

 

杏のことを擁護しようとして、杏は実際には怠け者ではない、杏だって頑張る時は頑張る、という方向の議論をする人が多いと思うが、もっと別の議論もできるのではないだろうか。──このタイプの擁護の仕方は、「働いたら負け」というTシャツを着ているけれども、実際には中身は違うのだ、という議論である。そしてその前提にあるのは、人間は本来働かなければならない、人間にとって労働は本質的である、という価値観・世界観ではないだろうか(ヘーゲルマルクス以来の、そして遡れば、初期近代・資本主義以来の人間観)。

 

それに対して、少なくとも前述の「スローライフ・ファンタジー」から読み取れる「世界観」は、これとは別のものではないだろうか。

 

ごちうさアトレ秋葉原バレンタイン企画(2)グッズの感想

ごちうさイベント ごちうさグッズ

アトレ秋葉原バレンタインごちうさ企画。そこで得たグッズの感想です。

 

◆チマメ卓上時計

今回、最も個人的に、よかった~と思ったのはこれです。

素晴らしいです。

f:id:miusow:20170211211321p:plain 

卓上時計とあるように、実際に卓上において、少し光が透けるような感じで使うと、とても美しい。

 

チマメ隊が、光の中で、輝いている。これは、文字どおり天使だな。

(死んだらこんな場所に行けるんだろうか。)

 

 

文字盤が花になっている。花時計のような。そこもいい。

 

一見すると作りがチープそうだとか、そんな雑念は吹き飛ぶ。実物を一度目の前にしてみれば、わかります。

 

本当にこれ、いいですよ。グッズの時計とか、私は滅多に買わない方です。他のグッズはよく買いますけど。でもこれは明らかにいいのです。

 

時間を見るたびに、チマメ隊を見てしまい、時間を忘れそうだ。だから実用性はないかもしれない。

「最近ね、時間を忘れちゃうのよ・・・」(健忘症かしら)

  

 

f:id:miusow:20170211211437p:plain

同じ絵柄のタペストリーもあります。

私は、チマメ等身大タペストリーを設置している一角に配置しました。

 

 

 

 

 

◆アクリルキーホルダー

  

いい。素晴らしい。

 

f:id:miusow:20170211211511p:plain

誰かにチョコを渡そうとして、もじもじしているチノちゃん。

 

ココアさんに渡そうとしているに違いない。(あるいはマヤメグかもしれない。)

 

「うまく渡せるでしょうか・・・」とか考えてそうな。

 

一方のココアさんは、もっと気楽に、チノちゃんに渡してしまうんだろうなあ。

「お姉ちゃんからのバレンタインチョコだよ!」とか言って。

 

 

 

 

◆高校生組ポポロンタペストリ

 

高校生組ポポロンタペストリー!こうやって飾りたかった。満足。

f:id:miusow:20170211211556p:plain

 

 

この絵では、特にリゼが可愛くて好き。

上から押し潰されそうになって、困り顔、だけれどもちょっと嬉しそうな、そんな表情です。

 

この絵の時計、および、チマメと両面のクッションもあり、そちらも良いです。

 

時計(高校生組ポポロン)なんですが、これ、もともと時計用の絵なのかと思うくらい、うまい具合に、

時間ごとの場所に、手とか、背景の線などが入っているんですよね。(数字とか、時計用の印とかがないのですが。)

 

 

 

 

◆B1タペストリ

「あいすくりーむふぁんたじあ」的なイメージの。

f:id:miusow:20170211211622p:plain

 

 

さすがに大きいです。壁不足に悩まされる。

ごちうさ趣味に没頭してから、本当に壁不足に悩まされる。所持タペストリーの総計が、うちの壁の総面積を上回っているのではなかろうか。)

 

でも、これくらい大きくても、「ちょうどいい」としか思えないのが、Koi先生の絵。

 

むしろ、やっと本来の大きさで見られた、という感じがする。

 

ごちうさアトレ秋葉原バレンタイン企画(1)

ごちうさイベント

 先週、アトレ秋葉原ごちうさ企画に行ってまいりました。そこでのグッズの感想などです。 

グッズはおそらく通販があるんじゃないかとは思いましたが(前回のコラボの例や、「限定」グッズとは書いていない、等のことから)、万が一無かった場合後悔するので、買いに行きました。 

もちろん、店内装飾や、カードがもらえるキャンペーンもありますので。

 

 

◆アトレ装飾の様子

 

改札に面した出入り口。

 今回、グッズにもなっているが、このココア・チノの絵がとてもよかった。

ここでのこの2人の配置の仕方もいいですね。目線が合っている。

f:id:miusow:20170211205524p:plain

 

 

 

  もう一つの、改札に面した出入り口。

 

チマメはここ一箇所だけ。

やっぱりいい。マヤとうさ耳との相性の良さ。

f:id:miusow:20170211205614p:plain

 

 

 

 

この4人のなんというきらびやかさ。キラキラしています。

f:id:miusow:20170211205656p:plain

 

 

 

アトレ外壁。ここが一番大きくごちうさ化している箇所。「ごちうさの壁」。

f:id:miusow:20170211205727p:plain

f:id:miusow:20170211205753p:plain

 

 

 

このチノちゃんの表情は、ちょっと笑顔すぎるのではないか、という気もしたが、こういうときにだけ見せる特別な表情だと考えればよい。

 f:id:miusow:20170211205823p:plain

 

  

1階入ってすぐのところで5人がお出迎え。

こういうとき、いつも、一緒に記念撮影したい気持ちと、薄汚い自分が映り込むことへの抵抗感との間で葛藤する。(結局、他人の記念撮影はしてあげたが自分のはしなかった。) f:id:miusow:20170211205914p:plain

 

 

 

 

◆「キャラクターカード」集め

アトレ各店で、一回500円以上の買い物で、一枚、「カード」がもらえるという企画。せっかく来たので、こちらにもチャレンジすることにしました。 

結果、1枚もかぶりなく、5回の買い物で、5種類集まりました。

 最初は、チノちゃんが出たら、もうそこでやめようかな、と思って始めましたが、そうはいきませんでした。

 

最初に、寿司屋で昼食をとり、千夜ちゃんのカードを得ました。

和食で、緑茶を飲んだ後に宇治松千夜、というのは、何かの縁を感じます。

f:id:miusow:20170211210232p:plain

 

 

その後、ドラッグストアで、頭痛薬を買って、シャロちゃん。

 

チノちゃんではありませんでしたが、これで「千夜シャロ」が完成したと思い、喜びました。 

f:id:miusow:20170211210309p:plain

 

 

 

 

そして、持ち帰りで、洋食のお弁当を買い、ココアさん。

 

・・・これは、特に縁はないですかね。パン粉を使っているから、パン職人ココア・・・ということが言えるくらいか。 f:id:miusow:20170211210344p:plain

 

しかし、ココアさんが出てきてもチノちゃんが出てこない、残念。

時間の都合もあるので、ここでこの日は切り上げました。

 

 

 

それで、また別の日。

 

配布終了しているお店が目立ち始めます。

穴場だと勝手に思っている「アトレ2」を狙います(昭和通り口の方)。

 

お昼ご飯に、本格的な感じのハンバーガー屋。ここでリゼちゃんが出ました。

ジャンクフードをよく食べるというリゼちゃんに合っています。 f:id:miusow:20170211210424p:plain

 

 

 

それにしても、

ここまで「かぶり」がないと、何か奇跡的なものを感じます。

 

でも、チノちゃんが出てこない・・・。

 

すぐに、食後のコーヒーを、ということで、隣のタリーズコーヒーへ。

 

カフェラテ・カフェモカ・カプチーノ!(チノちゃん出てこいの魔法)ということで、

カフェラテ(トール)とお菓子を注文。

 

店員さんがカードを取り出した時、何か水色がチラッと見えました。

ついに来たか・・・チノちゃんでした! 

f:id:miusow:20170211210701p:plain

 

 

コーヒーを注文して、最後のチノちゃんが来るとは!

 

嬉しい限りです。

 

というわけで、全種類最短で揃いました。でもチノちゃんまでは長い道のりでした。

 

 

(追記)

グッズ売り場を降りてすぐの1階でバレンタインチョコを売っていて、値段もちょうどよさそうだし、これを自分で買うべきか・・・と悩みましたが、そこは踏みとどまりました。